スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん 視聴

ねこちゃん
ねこちゃん

劇場版 光のお父さん」をうさちゃんと観たよ!
ここから先は、しれっと重大なネタバレも含まれるので、未視聴の方は要注意なのだ!

ストーリーレビュー

年末年始で忙しくなる前に……と、うさちゃんと「劇場版 光のお父さん」を観ました。

筆者は、原作BlogやTV版の知識ゼロでして(情弱)、まっさらな脳で視聴したのですが、単純に年齢問わず楽しめるエンターテインメントに仕上がっていた! という感想です。

私達のように、FF14をプレイ中だからこそ楽しめる要素も多いですが、おそらくFF14というゲーム内容を知らずとも、話に付いていけない、ということはないでしょう。
※ただ「オンラインゲーム」という劇中劇ともメタフィクションとも違う、アバターやプレイヤーキャラクターの世界を理解していないと駄目なのは言わずもがな。

主人公の家庭環境や仕事、父の病気、ツイタニア戦については、ありがちな「ご都合主義・展開」と感じる人もいるかもしれないですが、娯楽作品としての脚本では全然許容範囲内。

エオルゼアの景色が、これまた素晴らしい演出効果

やっぱり音楽がイイ!

そして、なによりFF14プレイヤーとして感じたのは、
「FF14の音楽ってやっぱりすげぇ!」という点。
個人的には根深いイトケン信者の筆者ですが、今回の映画については「祖堅最高!」と拳を天に向かって突き上げたくなりました。
エンディング近くのツインタニア戦での音楽には鳥肌が立つほど。
これは是非とも、FF14プレイヤーの人々には映像と共に聴いてほしい。

個人的には新生時代、大迷宮バハムート邂逅編5層を血反吐を見るほど練習した記憶も蘇りました。
「デスセンテンス来ます!<se.1>」
嗚呼、あの頃の白ちゃんは今頃元気にしているのだろうか?
懐古厨 では無くとも、色んな意味で涙が溢れそうです。

やっぱりMMORPG、FF14って面白い

MMOはオワコンと言われて早数年。
なんだかんだ言いながらも、私達は今、FF14をプレイしています。
今回、この「劇場版 光のお父さん」を視聴して、いちプレイヤーとして改めて、MMOだってまだ捨てたもんじゃないでしょ? と周囲に問わずにはいられませんでした。

誰が捨てたんだ、誰が。

映画は、とても、面白かったです。

タイトルとURLをコピーしました