サブクエスト

FF14 サブクエスト「彼の秘密は木箱に眠る」

© UsaNekoSanpo

以下、暁月エリアのサブクエスト「彼の秘密は木箱に眠る」関わるネタバレがあります。ご注意くださいませ。

Copyright © 2019-2021 UsaNekoSanpo All Rights Reserved.

彼の秘密は木箱に眠る

うさちゃん
うさちゃん

街を散歩していたらキラキラした木箱があったので「謎めいた女性」にお話ししてみました😄

ねこちゃん
ねこちゃん

オールド・シャーレアンにテレポすると、だいぶ目立っているので毎回すぐに目が行きますよね。なんか、すっごいお宝がもらえるんじゃないかとかね。いや、あり得ないんですけどね。

クエストの開始

謎めいた女性 : ねぇ、あなたUsaよね? よかったわ、ちょうどあなたを捜していたの。

私もあなたと一緒で冒険者なんだけど、 ある依頼人が、あなたに渡してほしいものがあるって言って…… この署名のない手紙と錠が付いた木箱を預かったのよ。
依頼人が誰かは、匿名を希望した意思を尊重して明かせないわ。 とにかくその「署名のない手紙」を読んでみてちょうだい。 じゃ、確かに渡したわよ。

 

 

クエスト

うさちゃん
うさちゃん

署名のない手紙には
『Usa。この手紙と共に渡した錠が付いた木箱には、君への贈り物が入っている』
と書かれていたので「木箱」を開けるために謎解きをやりました🎵
探索型なので、MAPには目的地が出てきません😓

署名のない手紙 : 『だが、開けるには3つの鍵が必要だ。 いずれも、ここオールド・シャーレアンのいずこかにいる、3人の人物が持っている』
署名のない手紙 : 『なぁに、ちょっとした遊び心さ。以下に記した謎を解き、3つの鍵を手に入れて、木箱を解錠してくれたまえ』

署名のない手紙のヒントと答え

署名のない手紙 : 『ある鍵は、ニュンクレフの岩とサリャク像を一望できる丘で、若き才能たちの声を耳にしながら共寝を望む。眠りは、知を育む親である』

眠たげな魔法大学生(X:7.8,Y13.9)に居眠りをする。

眠たげな魔法大学生? : 待ちくたびれたよ、Usa。 師匠に頼まれて、きみを待っていたんだ。 はい、約束の木箱の鍵だよ。
眠たげな魔法大学生? : それにしたって、師匠が女性に変装するとはね。 それだけ、正体を隠しながらも直接、 きみと話してみたかったということか……。
眠たげな魔法大学生? : じゃ、私はもう用事が済んだから帰るよ。 これからまた、稽古をつけてもらわなくちゃ。

署名のない手紙 : 『ある鍵は、川のせせらぎを聞きながら君を待っている。好物であるゴールドエーコンの言葉を耳にすれば、おのずと姿を現すだろう』

ナッツイーター(X:8.6,Y7.2)にSayで話しかける。

ナッツイーターに化けていた男性 : ご名答! あんたなら、俺のことを見つけるって信じてたぜ。 なにせ、あの人が認めた冒険者だからな。
ナッツイーターに化けていた男性 : 俺、あの人に憧れて師匠に弟子入りしたんだ。 最近、数年ぶりに姿を見かけて嬉しくってさ。
ナッツイーターに化けていた男性 : それで、相棒らしき動物に化けてみたんだ。 なかなか上手に変化できていただろ?
ナッツイーターに化けていた男性 : そうだ、忘れずにこの木箱の鍵を渡さないとな。 今度ゆっくりと、話を聞かせてくれよ。 頼むぜ!

署名のない手紙 : 『ある鍵は、ニンフの祝福を受けながら、愛を謳う吟遊詩人の物語を読みふけっているだろう。物語は過去を想起させ、語らいは今に想いを馳せる』

イズミ(X:11.5,Y8.5)に話しかける。

イヅミ : おや、Usa。 君が僕に話しかけてきたということは、手紙を読んだんだね? もちろん、僕が鍵の持ち主のひとりだ。
イヅミ : 兄弟子は、僕たちの中ではもっとも詩才がなかった。 なのに詩人を名乗って、街ゆく女性に愛を歌っていたなんて。 まったく、仕方がない人だね。
イヅミ : でも……元気そうでなによりだ。 彼を取り巻く状況には紆余曲折あったと、 師匠から聞いているからね。
イヅミ : はい、では木箱の鍵は君に渡すよ。 彼によろしく伝えておいて。

ねこちゃん
ねこちゃん

ヒント3の人のコメントが後々じわります。

報酬

うさちゃん
うさちゃん

クリアして木箱を無事に開けると以下のアイテムが入手できます。

木箱に入っていた手紙 : 『Usa、 どうやら木箱は解錠できたようだね。 入っている装備は好きに持っていってくれたまえ』
木箱に入っていた手紙 : 『もうずっと昔のことになるが…… ルイゾワ様に託された悪ガキに、サバイバル術や諜報の技術を叩き込んだのはこの私だ』
木箱に入っていた手紙 : 『そんな不肖の弟子が、久々にこの街に帰ってきたというじゃないか。遠目から見たその顔は、いい目つきをしていた』
木箱に入っていた手紙 : 『君たちと過ごした日々が、彼を成長させたのだろう。これからもどうか、彼のことを頼むよ』
木箱に入っていた手紙 : 『君に対面してこんなことを言うのは、気恥ずかしくてね。遠回しになってしまったが、伝えられてよかった。ありがとう、Usa』

ねこちゃん
ねこちゃん

これって……サンクレッドの師匠的な人からのプレゼントってことなんかしらね? この方、今まで登場したことあったのかなあ。
しかし、こういう遠回しな感じがサンクレッドに似てるといえば似てるなw

以上、木箱の中身より、師匠(の変身術)とサンクレッドにまつわる秘密のほうがかなり衝撃的なクエストでありました。

うさねこ散歩
タイトルとURLをコピーしました