サブクエストクラフター

FF14 魔法大学取引 医学部(錬金術師/調理師)香りを高めよう Lv85クエスト

© UsaNekoSanpo

※シャーレアン魔法大学取引クエスト内容のネタバレがあります。ご注意ください。

ねこちゃん
ねこちゃん

焼きたてのパンの香りとか良いよね。ヘルスブレッド試作品一号も焼きたてならあるいは……?
ちなみに、クエストはここにきて大きな展開を迎えます。

Copyright © 2019-2021 UsaNekoSanpo All Rights Reserved.

Lv85 香りこそ命

生地に混ぜる油脂の香りを変えることで食欲を増す風味を生み出そうとするデブロイに協力しましょう。でも、油脂だから量を気をつけてね。加減はヒカセンの腕にかかっております。

納品アイテム

Lv85 特製の油脂
必要クリスタルは、クラフターによって変化します。

どちらの素材もクラフト素材です。
ルナテンダーの花は嘆きの海にいるルナテンダーのドロップ他、ベストウェイ・バローにいる広域交易商 トレーディングウェイと交換可能です。


さて、試作品四号の味はいかに――。

出来上がったディゴンもこれだけのけぞる美味しさ。ボーノ、ボーノ、ボーノ。
彼にこれだけの合格点をもらえたのなら、試作じゃなくてもうこれで完成品でいいんでない?!

なんて、そう簡単にはいかないのがクエストです。

あごのストラップはしっかりと留める派

やってきました、ガルヴロッシュ教授。美食を追求するデブロイに失望したようだ。
そんな彼に対し、ヘルスブレッドを食べて気分が悪くなってしまうのは、消化の問題じゃあないんだよ! とデブロイは主張、騙されたと思ってこの試作品四号を食べてくださいと迫ります。
栄養と同じくらい「味」だって大切なんだということを、教授にも理解して欲しいんですなあ。

しかしながら、教授は過去に苦い経験でもあるのか、美食を追求した食事は嫌悪しているときっぱり断われた挙げ句に、この試食品四号には、重要な栄養素「アスコルビン酸」が不足していると指摘されてしまいました。
これビタミンCですかね。不足すると壊血病になるとかなんとか。確かに、有事の際に配布される「完全食」には必要だわね。

怒ってます、教授。

教授が何故にここまで美食を憎むのか……。
それはガルヴロッシュ教授とラストスタンド設立者であるメルヴィンが大学時代の同級生で親友同士であり、メルヴィンは退学、店を立ち上げ美食の研究に没頭するあまり亡くなった。つまり、優秀であった親友の早世の原因は美食に有り、許せるものではない、という結論らしい。
極端っちゃあ極端な帰結ですが、それだけ親友への想いが強いのでしょうな。


教授は、自分のヘルスブレッドの試作品は既にアスコルビン酸を添加できてるしー! と宣言し、好き勝手に行動していたデブロイにその添加方法は教えてあげないよ~、研究員の人も解かせちゃうからね~と、一方的にほぼクビ宣言。

負けじと、デブロイも「だったら自力で完全食を完成させて、哲学者議会の品評会で採用してもらっちゃうからね!」と宣戦布告。ちなみに、不採用だった場合には、ガルヴロッシュ研究室はおろか、シャーレアン魔法大学からも追放されるおまけ付き。

絵に描いたような師弟対決の構図ですな。さて、この対決の行方は――。

クエストクリア後はヒカセンへのデブロイの評価が「掛け替えのない職人さん」にランクアップ。

Lv85 健康長寿の秘訣

完全食を目指す「試作品」改め「メルヴィンブレッド」を完成させるには、アスコルビン酸が必要。
哲学者議会が出してきた条件の中でラヴィリンソスで生産可能な食材のみを利用するという条件があったので、その素材を合成して作り出せないかと検討するデブロイ。

その合成法をラザハンにいる栄養学の権威ジャルヴァズ師からご教授願おう、というわけでデブロイとと共にラザハンへ。
エーテル酔いなのかデブロイは気分が悪そうですが、ジャルヴァズ師を探すための「同行クエスト」が有ります。覚悟してラザハンのあちこち彼女と走りましょう。

齢100を超えたスーパーおじいちゃま

気分が悪く倒れてしまったデブロイを助けてくれた、この声の大きな老人こそが、かのジャルヴァズ師でありました。デブロイ、試食品ばかりを食べてビタミンCが不足し、鉄分が吸収されずに貧血になっていたようですな。身を持って知る、試作品の欠点。

ガルヴロッシュ教授は、大金でアスコルビン酸を合成する術をジャルヴァズ師から得たようですが、学生のデブロイには無理ィ。そこで教える条件として、カレーに目がないという師は、エオルゼア風カレーライスなるもの作りたまえ、その味によっては情報を与えようと提案してくれます。

これはもう、作るしか選択肢は無い。
味の決め手となる黄金のスパイスをヒカセンが担当します。

納品アイテム

Lv85 黄金のスパイス

※仮に製作失敗しても、ラザハンにいるジャルヴァズに話しかけると素材黄金のスパイス素材をもらえます。

ラザハンの民よ、これがエオルゼア風カレーライスじゃ。

このカレーは黄金よりも価値がある! と、味を絶賛してくれたジャルヴァズ師から、念願のアスコルビン酸の合成法を伝授してもらったデブロイ。
ラザハンまで来た甲斐がありました。

最後に、長生きの秘訣は「栄養に気をつけることはもちろんじゃが……とにかく、美味いものを食うことじゃ。美味いと感じれば、胃の活動が活発になり、逆に不味いと感じれば、消化管の動きは止まってしまう。せっかくの栄養も、体に吸収されねば何の意味もないからの!」と、語る師。

そういや、うちのばあちゃんも、好きなものだけ食べながら長生きしてたなあと思い出したヒカセン(の中の人)。

さあ、早速オールドシャーレアンに戻って、早速今度こそ完全食を完成させましょう。

シャーレアン魔法大学取引関連リンク

※随時追加予定

魔法大学取引 考古学部(鍛冶師/甲冑師/彫金師)

魔法大学取引 医学部(錬金術師/調理師) 関連

魔法大学取引 天文学部(木工師/革細工師/裁縫師)関連

その他


うさねこ散歩
タイトルとURLをコピーしました