サブクエストクラフター

FF14 魔法大学取引 医学部(錬金術師/調理師)美味な完全食は作れるか? Lv80クエスト

© UsaNekoSanpo

※シャーレアン魔法大学取引クエスト内容のネタバレがあります。ご注意ください。

ねこちゃん
ねこちゃん

医学部からはレベル帯別に書き残していこうと思います。ストーリーとざっくり感想付き。

Lv80 激マズ完全食

医学部最初のクエストは、研究室で栄養学を学ぶという、やたら具合の悪そうなデブロイからのヘルプ要請で幕開け。

ヘルスブレッド
こちらはかの有名な賢人パン

彼女の気分の悪さは、なんと、かの有名な「賢人パン」を考案した医学部教授ガルヴロッシュが作った料理の試作品「ヘルスブレッド」にあるらしい。
つまりそれは、味が非常にまずい――。
ちなみにヒカセンはゲーム内で ”最初に感じたのは舌先の痺れ、最後に残ったのは、虚無。つまるところ、掛け値なしに不味い――” と評しておりました。

言ってることは理解できる


そのガルヴロッシュ教授の言い分としては「美食こそ諸悪の根源」。味を追求した挙げ句に、栄養過多なんてもってのほか。この必須栄養素を効率的に得られる「ヘルスブレッド」こそが究極の完全食。
個人的には、そういう完全食で生きられるなら全然ウェルカム派なのですが、後味に「虚無」は勘弁して欲しいところ。

事の発端は、哲学者議会からガルヴロッシュ研究室に、人が生きていくために必要な栄養素を含み、なおかつラヴィリンソスで生産可能な食材のみで作れる「完全食」を開発してほしいという依頼があり、この「ヘルスブレッド」を開発中なんですな。

料理について語ると止まらないデブロイ
ロブスターのオーブン焼き

デブロイは大学で学ぶ一方、オールド・シャーレアンのラストスタンドで働いており、大変美味しい料理をヒカセンにごちそうしてくれます。ヘルスブレッドの口直しができました。

彼女が恐れているのは、シャーレアン人の気質から考えると、この激マズ「ヘルスブレッド」が哲学者議会で「国民食」化される可能性があるという。そうなったらえらいこっちゃ。
栄養を優先するあまり、美味しさを犠牲にして良いのか。
というわけで、ヒカセンはデブロイと協力し、このクソ不味い「ヘルスブレッド」の改良へと乗り出していくのでありました。

シャーレアンの未来に美味あれ。

Lv80 甘味が欲しい

デブロイが試作している「ヘルスブレッド」の下味のために、ラヴィリンソスで生産可能な食材を使用して甘味料を製作しましょう。

納品アイテム

Lv80 特製の甘味料

Lv80クエストということもあって、材料は漆黒編で集められる素材ですね。
※必要クリスタルはクラフターによって変わります。

納品した甘味料を使った「ヘルスブレッド」試作品2号の味は、かなり改善された模様。
しかし、念には念を入れてなのか、味にうるさい方にも食べてもらいたいデブロイ。
というわけで、シャーレアン唯一と言っていい美味の砦ラストスタンドへ。

舌の肥えた常連客、名もなき上品な老人氏の試食レビューによると、味は悪くはなかったが、食感のパサつきがきついとのこと。
味だけを追求しても、ダメなんですなあ。次は食感の改善を目指しましょう。

ひとまずクエストを完了させると貢献度がアップし、デブロイからの評価が「頼りになる職人さん」にランクアップ。
どこまで評価が上がるのかも楽しみのひとつであります。

シャーレアン魔法大学取引関連リンク

※随時追加予定

魔法大学取引 考古学部(鍛冶師/甲冑師/彫金師)

魔法大学取引 天文学部(木工師/革細工師/裁縫師)関連

魔法大学取引 医学部(錬金術師/調理師) 関連

その他

タイトルとURLをコピーしました